お墓の引越し・改葬を検討している方へ

お墓の引越し・改葬を検討している方がいらっしゃると思います。

関心のある方は、以下をお読み下さい。

 

 

 

改葬をする場合は、役所で改葬許可申請の手続きをする必要があります。

まず、現在の墓所がある市町村の役所にお問い合わせ下さい。

通常は、郵送でも申請は可能です。


なお、ご自身で、比較的簡単に、改葬許可申請の手続きができます。


当事務所は、改葬許可の申請業務はおこなっていません。

    また、ご相談にも応じかねますので、ご了承下さい。


お墓の引越し・改葬の法的な意味

お墓の引越し・改葬をする場合には、改葬許可証を役所に発行してもらわなければなりません。

無許可で改葬をおこなった場合は、刑法に触れる可能性があるので、注意して下さい。


法律では、改葬は次のように定義されています。

「 埋葬した死体を他の墳墓に移し、又は埋蔵し、若しくは収蔵した焼骨を、他の墳墓又は納骨堂に移すことをいう 」。


つまり、死体や焼骨を他の墳墓や納骨堂に移すことです。

したがって、過去に土葬された死体を火葬しなおして、再び同じ墓所の墳墓に戻すことは、通常は改葬には該当しません。 

また、お墓をリフォームして焼骨を同じ墓所に戻すことも、通常は改葬には該当しません。


焼骨の一部を他の墳墓や納骨堂に移す行為は、通常は改葬には該当せず、分骨にあたります。

分骨をする場合は、墓地の管理者にご相談下さい。役所の許可は不要です。


遺骨をお墓から取り出して自宅に安置する行為は、通常は改葬には該当しないと考えられています。

ただし、このケースは法が想定していなかった事態であるともいわれ、法的な解釈が分かれるものと思われます。 

 

 

※ 改葬に該当するか否かについては、あいまいなケースもあるため、事前に役所に相談することをおすすめします。

改葬許可申請書の記載事項

改葬許可申請書に記載する事項が、法令に規定されています。
以下に、記しておきます。

一 死亡者の本籍、住所、氏名及び性別(死産の場合は、父母の本籍、住所及び氏名)
二 死亡年月日(死産の場合は、分べん年月日)
三 埋葬又は火葬の場所
四 埋葬又は火葬の年月日
五 改葬の理由
六 改葬の場所
七 申請者の住所、氏名、死亡者との続柄及び墓地使用者又は焼骨収蔵委託者(以下「墓地使用者等」という。)との関係

 

改葬許可申請

改葬許可申請は、現在の墓所がある市町村の役所や保健所に対して改葬許可申請をおこないます。
担当する部署は、「衛生課」、「住民課」等になります。

 

通常は郵送でも申請できます。

申請書の書式等は自治体によって異なります。

提出書類に不備がなければ、改葬許可証は即日に発行されるケースが多いようですが、事前に確認して下さい。

 

なお、移転先の新しい墓所の所在地の役所では、改葬許可申請はできませんので、ご注意下さい。


不明な点は、必ず、役所にお問い合わせ下さい。




家系図作成専門の片山行政書士事務所(C)



 家系図作成するための戸籍・先祖の豆知識

 旧土地台帳

 

 TOPページに戻る

▲このページのトップに戻る