家系調査や先祖調べの豆知識

家系調査や先祖調べをする際に、便利な豆知識をまとめました。

戸籍から読み取れる情報以外にも、昔の家系や先祖についての知りたいことがあるはずです。

インターネットや書籍の利用、親戚から聞き取っておくべき事柄などを記しておきます。

ネット検索で家系調査や先祖調べをしましょう。

家系や先祖・親戚に関する調査をして、情報を簡単に得る方法があります。

まず、あなたの先祖や親戚の氏名を検索エンジンに入力して、ネット検索をしてみて下さい。

さらに、氏名に加えて、思いつく複数のワードを組み合わせて入力すると、より詳しい情報が得られる可能性もあります。

何かの分野で業績をあげた方がいる場合は、特に、おすすめです。

 

先祖や親戚が暮らしていた住所・地名がわかる場合は、住所・地名で検索してみましょう。

グーグル・マップなどで、最近の様子を見ることができるので、ちょっとした旅行気分が味わえます。

また、先祖とゆかりの深い場所・施設があれば、場所・施設名で検索して下さい。

著名人と関係があった場合には、著名人の氏名で検索して下さい。関連サイトが作成されていて、思わぬ発見ができるケースもあります。


 



 

苗字・名字辞典で、家系調査や先祖調べをしましょう。

家系調査や先祖調べをする際に、苗字・名字に関する辞典や本を利用する方法があります。

ある程度の規模の図書館であれば、苗字・名字についての辞典が所蔵されています。

なるべく詳しい書籍を読んでみて下さい。

辞典によっては、住んでいた地域や、使用された家紋について記載されている場合があります。

一般的な姓であれば、同姓でも、先祖の出自がいくつにも分かれていることは少なくありません。

先祖のルーツの場所や家紋についてあらかじめ調べておけば、辞典を読む際に、より詳細な事柄がわかる可能性もあります。

郷土史で、家系調査や先祖調べをしましょう。

より詳しい家系調査や先祖調べをおこなう場合には、各自治体で発行している「 市町村史 」や「 郡史 」等の郷土史が参考になります。

先祖代々の居住場所に該当する郷土史を読めば、有益な情報を得ることができる可能性があります。

近代について記載された部分が特に重要です。

明治や戦前の先祖の氏名をあらかじめ調べて、メモをしておきましょう。

先祖の氏名が登場する可能性があるので、丹念に読み進んで下さい。

近代編を読み終えたら、周辺の近世編等へと範囲を広めてみて下さい。

通常は書籍の分量が多いので、古い時代から読んでいくと、途中で挫折してしまいます。

まず、近代から読み始めることをおすすめします。

関連したページがあれば、コピーして、ファイルしておくとよいと思います。


なお、該当地域が遠隔である場合には、図書館のネットワークを利用すると、書籍を取り寄せることができる場合があります。

詳しくは、近くの図書館の職員にお尋ね下さい。


屋号を調べておきましょう。

苗字以外の呼称として、かつては、屋号が広く用いられていました。

屋号とは、家や住んでいる屋敷に付けられた呼称です。

同族が多く住み、同じ苗字の家が多い集落においては、互いの家を屋号で呼び分けていました。

そのため、屋号の多くは、集落内で区別のできる特徴にもとづいて付けられたといわれます。

例えば、位置・方角、地形、本家・分家関係、家印、職業、村での役割、先祖の名前などによるものがありました。

また、明治時代には、屋号をそのまま苗字として登録したケースもあります。

しかし、現在では、屋号で互いを呼ぶことはあまりなくなりました。

 


家印を調べておきましょう。

家印とは、家や家族ごとの所有を他人に示すための占有標の一つです。

かつては、家財、農具、船などに、家印の墨書や刻印をすることがおこなわれました。

家印は、〇、Λ、¬などに文字を付けた紋様が多く、家族や親戚や同族で同じ系統の印を用いました。

そのため、家印は、家族や親戚や同族としての意識を保つ機能があったと考えられています。

所有を示すことを目的として、家印以外にも、木材に対する木印や、家畜に対する耳印などが使用されることがありました。

また、家印が家紋や屋号となったケースや、苗字や地名を入れて、商標として使用したケースもあります。

しかし、現在では、あまり用られません。

 

 

 

家系図作成代行サービスの片山行政書士事務所(C)



 TOPページに戻る


 家系図作成と戸籍の調査・調べ方


▲このページのトップに戻る